骨盤 ダイエット

骨盤 ダイエットとは


骨盤ダイエットは骨盤の矯正をして、やせる方法のこと。骨盤が開いていたり、ゆがみがあるとお尻が大きくなってしまったり、生理痛がひどくなったりします。骨盤ダイエット体操の効果はじつは痩せるだけでなく、様々な面で良い部分があります。
開いていた骨盤の歪みを正常な位置に戻すことで、下半身、特に脚が細くなったり、お尻を引き締める効果が認められます。また猫背・腰痛などが改善されたり、姿勢が良くなりバランスのよいスタイルを維持できます。

骨盤 ダイエットの効果

・膝痛の解消・・・体重の増加と筋肉の低下が原因で膝が痛くなることがあります。これを解消するのに骨盤ダイエットが効果的です。ダイエットをするのと同時に、下半身の筋肉の状態をよくすれば、膝痛もすぐによくなるのです。骨盤矯正をする事が簡単かつ、最も早く効果が期待できます。
また、足のむくみの解消にもつながります。

骨盤 ダイエット 矯正


30代になると基礎代謝は低下しはじめます。これにより脂肪が体内に蓄積され、体型が崩れてきます。骨盤矯正はこの基礎代謝を高めて脂肪を燃焼しますので、崩れた体型を元に戻すのに最適のダイエット方法なのです。やせる事が目的でなくとも、体型維持・健康維持に効果的です。

骨盤矯正ダイエット


骨盤ダイエットに有効な、『座骨を広げないようにする』骨盤矯正クッションやベルトを使用します。
自分が長時間座る椅子におさまる大きさの骨盤クッションをつかいます。
1.骨盤矯正クッションをイスに正しく設置(前後左右)
2.正しく座ったら、両手で下腹部を軽く押さえる。
3.力を入れてお腹をへこませた状態で、1分間その状態を維持します。静かに深く深呼吸する。

骨盤矯正には通常の脂肪を燃焼させるダイエットとは違い、体重減はそれほど望めません。しかし体全体的にサイズダウンしたい、バランスのよいプロポーションを手に入れたい方に最適です。
普通の生活でも長時間同姿勢を摂り続けると、筋肉や骨に負担がかかり骨盤が歪んできます。
骨盤が歪んだ状態が続くとかなりの確立で下半身太りになる可能性が高いのです。更に骨盤ダイエットはダイエット効果のみならず、骨盤矯正により肩こりや腰痛、便秘やむくみ、不妊改善にも効果があります。

ふくらはぎ

ふくらはぎダイエットとは


ふくらはぎダイエットは下半身ダイエットと同じ方法をとりますが、補足するには時間がかかります。


ふくらはぎが太る原因


ふくらはぎ」は足首と同じで、脂肪太りやむくみ、筋肉のつき方のアンバランスさが原因と言われます。筋肉は日常生活での歩き方に問題がある場合があります。
また、血行が悪い事も、ふくらはぎのむくみなどの原因になりますので特に注意が必要です。

ふくらはぎに効く歩き方


・つま先は常に同じ角度で外向きに歩く。
 つま先の方向がぶれると、ふくらはぎの筋肉がアンバランスになります。
・足を踏み出すときに膝裏を伸ばす。
 ふくらはぎをきちんと伸ばしてあげます。
・踏み出した足はっかかとから着地する。
 つま先だけで歩いていると、ふくらはぎの筋肉はアンバランスに痩せてしまいます。

ふくらはぎマッサージ


・腰掛けてから片手で足首をつかみ、もう一方の手で爪先をつかみます。爪先をつかみながら力を入れて右回りに足を回します。
・指の腹で足の三里のツボを押します。三里は膝の下に頚骨の出っ張りから指の横幅3本分下、すねのすぐ外側2〜3cmの場所です。ここを最初は軽く、だんだんと力を入れて押していきます。
・ふくらはぎが上を向くように座り、親指、人差し指、中指でふくらはぎの筋肉を掴み、持ち上げるよう上から下へと軽くマッサージをしていきます。

いずれにしてもふくらはぎをスリムにするには時間をかけて飽きずにやる事が必要です。

太もも

太ももダイエットとは


太ももは最も気になるダイエットポイントです。洋服を身に着けたときも、スタイルが気になりますよね。特にパンツルックの場合は・・・。今年流行のスキニーデニムも太ももは気になります。

太ももダイエットの必要性


下半身や太ももは、脂肪がつきやすいので太ももが太いという場合には、身体全体的に太ってしまっている場合があります。太ももが痩せれば全身がスリムに見えてくるのです。

太ももダイエットの方法


食べすぎ、運動不足、むくみ、産後の骨盤の歪み、代謝が悪い、冷え性による血行不良、セルライトなどが原因です。
太ももだけを部分やせするには食事制限だけで難しくなります。
太ももの筋肉を鍛えて引き締めなければなりません。

太ももに脂肪が多いか少ないかの判断は下記のとおり。
膝の上の肉がぷよぷよしているならそれは筋肉ではなく、脂肪です。脂肪を落とすためには白筋よりも赤筋を鍛える事が必要になります。白筋は瞬発的な運動に必要な筋肉で、赤筋は持久的な運動に必要な筋肉になります。

脂肪をエネルギー源にするのは赤筋なのです。赤筋を鍛えるためにはウォーキングなどの有酸素運動が必要です。大腿四頭筋を、太ももの裏、後ろ側が太いなら、大腿二頭筋を鍛えましょう。
太ももで硬くなっている脂肪は、マッサージして軟らかくしてから運動するのが効果的です。長めの有酸素運動を続ければ、全身の脂肪を落とすとともに、次第にスッキリしてきます。

あなたも太ももダイエットで綺麗に痩せてみませんか?

脚やせ

脚やせダイエットの効果


脚やせは誰もが願うダイエットですね。上半身が多少ぽっちゃりしていても、脚やせしているとスリムに見えるものです。脚やせには効果的な秘訣があります。
脚がやせにくい原因の殆どは代謝効率が悪いことがあげられます。

脚やせ:秘訣


脚が太く見えるのは、実際に太い場合と、むくんで実際より太く見える場合があります。むくみは、余分な水分が体にたまることが原因です。またうっ血する事も原因のひとつ。一日立ち仕事などをしているとむくみはひどくなります。むくみを取るには塩分を取りすぎないことと、リンパの流れを良くする事が必要です。入念にマッサージを行なうことでリンパの流れをよくして脚やせが可能です。

脚やせマッサージ


まずオイルやジェルなどを十分に手にとり、手のひら全体でふくらはぎから一気に股まで揉みあげます。次に両手で太ももを絞り込むように揉みます。
仕上げは内側の脂肪を手の先でたたき上げるようにこするのです。これはエステなどでも行われる方法ですが、勿論自分で行っても脚やせ効果があります。

脚やせポイント


@マッサージで血流を良くする
A体操で脂肪を燃やす
B塩分を控えた食事をとる
C継続的な管理を行う


単に痩せるのではなく、脚やせすると全身のバランスを良く見せる効果があります。美しいボディバランスは脚やせから!そして、ローマは一日にしてならず、ですよ!

脚やせに関するコメントトラックバックお待ちしております。

下半身

下半身ダイエット


下半身ダイエットは痩せにくい下半身を中心にダイエットする方法です。

下半身太りの原因は?


下半身太りの原因は下半身につくセルライトと言われます。セルライトは、肥大化した脂肪の周囲に老廃物・水分等が溜まり、線維化し塊となっている状態のものです。原因は脂肪の代謝不良や血行不良です。肥満とは違い、痩せている人でも下半身のセルライトは見られます。単に体重を落としても解消出来ないのです。

セルライトの原因


1:皮下脂肪の血行不良によるむくみ
2:脂肪細胞が肥大化する
3:脂肪細胞同士が凝縮し、セルライトにホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え等により、血行不良が起こり、老廃物が溜まる。
4:脂肪細胞の代謝が乱れ、更に肥大化。脂肪細胞内に脂肪をためこむようになり、2〜3倍の大きさに。
5:肥大化した脂肪細胞により、血管を圧迫、血行が悪化します。 脂肪細胞同士が付着し、カタマリに成長。老廃物もさらに溜まって、でこぼこわかる状態になる。

セルライトの予防


・下半身の血液の流れをよくする:血液がうまく循環しないと、栄養は行きわたらなくなり、流れるはずの老廃物も滞ってしまいます。
・塩分を控える:塩分を多く摂取すると、身体は濃度を一定にしようとして水分を要求します。この水分が体の中に滞ってむくみの原因となります。

下半身が痩せると、全身が引き締まって見えます。綺麗に痩せるにはガリガリの上半身ではなく、すっきりスリムな下半身を目指しましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。