たけしの本当は怖い家庭の医学:メタボリックシンドローム

本当は怖い メタボリックシンドローム


本当は怖い家庭の医学は『メタボリックシンドローム予防&治療』カロリーオフ完全家庭料理マニュアル。
メタボリックシンドローム本当は怖い 家庭の医学を含めて、マスコミでも沢山取り上げられるようになりました。現在の日本には内臓脂肪が蓄積した、メタボリックシンドローム予備軍が2000万人存在すると言われます。当記事ではメタボリックシンドロームの診断項目などをお伝えします。

メタボリックシンドローム:家庭の医学


本当は怖い家庭の医学でもメタボリックは「代謝」の意味で、シンドロームは「症候群」代謝症候群ともよばれる複合生活習慣病。家庭の医学でも有名です。血糖値や血圧がやや高く、お腹が出てきた人をさす。食べすぎや運動不足が原因とされるが、血糖や血圧、中性脂肪の値が極端に悪いわけではない。しかし糖尿病、高血圧症、高脂血症に重複してかかった場合、放置していると動脈硬化になりかねないという。本当は怖い家庭の医学でも放送されましたが、沖縄県の男性の30%が該当すると指摘する。戦後のアメリカ軍占領下、沖縄は脂肪分の多い食生活が浸透し、車社会であるため歩く機会も少ない。これらメタボリックシンドロームの原因になったというのである。【yahoo新語探検】

メタボリックシンドローム診断


本当は怖い家庭の医学メタボリックシンドロームの診断チェック項目は...
1:中性脂肪150MG/DL以上、もしくはHDLコレステロール40MG/DL以下

2:収縮期血圧130mmHg以上、もしくは拡張期血圧85mmHg以上

3:空腹時血糖110mg/dl以上

まず胴回りサイズの問題。男性の場合85cm以上、女性は90cm以上の方はすでに予備軍。メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪の蓄積であると言われているため、胴回りサイズは最重要判断基準になります。
上記に加えて上記のどれかに該当する場合にはメタボリックシンドロームと診断されます。

メタボリックシンドローム本当は怖い


本当は怖い家庭の医学でもわかりますが
 ・メタボリックシンドロームは動脈硬化を招きます。
 ・心臓病の発症リスクが10倍あるといわれています。

メタボリックシンドローム防止


本当は怖い家庭の医学では料理と一緒にいろいろ紹介されました。
 ・睡眠不足や疲労はホルモンバランスを崩し、脂肪蓄積に加担します。 
 ・コレステロールの過剰摂取も大敵。バランスのよい食生活を。
 ・適度な運動-内臓脂肪蓄積に運動不足は大敵です。 

本当は怖い家庭の医学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。