産後

産後ダイエット


産後ダイエットは妊娠・出産を機に増えてしまった体重や、ついてしまったお肉を減らす為のダイエットのこと。
妊娠すると行動や運動、その他に普段ちょっと体を動かすことも制限されることが多くなります。妊娠全期にかけて走らなくなり、飛んだり跳ねたりしなくなり、体を動かす事を控えるようになってきます。
産後に体重が増えたり、元に戻らないのはこの生活スタイルが続いてしまう事が原因です。

産後の悩み


  • 妊娠中、体重管理がうまくいかず、太りすぎた

  • おなか(下っ腹)が出ている

  • 産後に妊娠前の服が着れない

  • 産後太りが戻らない

  • 実際の年齢より老けて見られる

  • 自分に自信が、持てない

  • 脚や二の腕が太い

  • 出産後、疲れやすい体質になった


  • 産後太りの原因


    産後は一時的に骨盤が開いた状態です。骨盤が元に戻らないと、開いた骨盤の中に胃や腸が入り込んでしまい、下腹部がでっぱり、お尻が大きくなってしまう原因となります。産後の開いた骨盤を締めるには、骨盤ベルトなどを利用します。骨盤のゆがみや、開いた骨盤を矯正します。

    産後ダイエットの方法


    妊娠中から産後は普通の生活パターンと違う事で、筋肉が衰えたり、筋肉量が減って脂肪の割合が多くなります。すると基礎代謝量が低くなり、カロリーを消費しにくい太りやすい体になってしまいます。産後にこれを正常の生活スタイルに早く戻す事で、カロリー消費をしやすい身体作りを目指します。産後でも食事は、摂取カロリーカットのダイエットは厳禁です。

    ダイエットは産後6か月以内に


    産後に妊娠中の食習慣や体を動かさない生活を続けると、体型が定着してしまいます。ですので産後ダイエットは産後6ヶ月以内に取り組みましょう。
    通常と同じく、産後でも運動と食事の両輪でいくことが基本です。

    産後の食事


    産後の食事はいつにも増して規則正しく、が原則。
    ・たんぱく質は肉よりも魚で摂るようにしましょう。
    ・栄養素を多く、色々な種類の食品を摂る。
    ・炭水化物は朝と昼にしっかり食べ、夜は控えめにする。
    ・繊維を摂ってお通じを正常に保つ。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。