メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは


メタボリックシンドロームとは内臓脂肪蓄積によってひきおこされる、色々な病気が引き起こされた状態メタボリックシンドローム。メタボリックシンドロームのサインは男性では85cm以上、女性では90cm以上のウエストサイズ。


高血圧、肥満症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病はメタボリックシンドロームの状態といえます。
ここ最近では高血圧患者数3,900万人、糖尿病1,620万人、肥満症は468万人、高脂血症2,200万人といわれます。予備軍も年々増加しています。厚生労働省調査



メタボリックシンドロームをそのままにすると


メタボリックシンドロームは動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は、ある程度症状が進まないかぎり、なかなか症状として出にくい病気です。知らないうちに病状が悪化している事も多々あります。
動脈硬化による循環器病には心筋梗塞、脳梗塞、狭心症、閉塞性動脈硬化症などがあります。



メタボリックシンドロームになりやすい人


食事は満腹が基本、かつ間食もする。
料理に砂糖をよく使ったり、アイスクリームなどの甘いものが好き。
濃い味付けが好き
緑黄色野菜をとらない。
運動をしない。
お酒、たばこを飲むことが多い。
上記の人は要注意です。

メタボリックシンドローム診断基準


血清脂質異常・・・トリグリセリド値 150mg/dL以上 HDLコレステロール値40mg/dL未満
血圧高値・・・最高(収縮期)血圧130mmHg以上 最低(拡張期)血圧85mmHg以上
高血糖・・・空腹時血糖値110mg/dL以上


メタボリックシンドローム予防には


規則正しく3食きちんと食事をとる。運動は最低10分以上、毎日30分程度行うとよいです。お酒やタバコも少なくすることが必要です。何よりもメタボリックシンドロームは予防から始めましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。