玄米ダイエット

玄米ダイエットとは


 

日本古来の伝統食玄米が最近見直されています。人間!これでいいのだ、発掘!あるある大事典?や、ぴーかんバディ、などの健康情報番組でも玄米が幾度となく取り上げられています。それだけ効果がある方法なのですね



玄米効果


 

玄米は白米に比べて糖尿病などに抑制効果があるようです。
 血糖値が下がると言われています。

 食物繊維は白米1にたいして玄米が6。
 ビタミンEは14、B群は5、ミネラルは3もあります。


 

玄米消費量


 

玄米消費量は3年前から急増しています。これは麦や五穀米などを普段から食べる人が増えたからといえます。ご飯の消費量自体は減っているので、健康志向の方が増加していることは間違いありません。



玄米は発芽によって栄養が活性化します。玄米等の植物の種子に含まれる「フィチン酸」は、ほとんど胚芽に存在します。胚芽に含まれるミネラルと結び付いてミネラルを貯蔵する役があります。
 本来玄米には、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれていて、フィチン酸という物質と結合しているために吸収されにくくなっているのです。
 この玄米を発芽させると、ミネラルを貯蔵するフィチン酸の役目が終了し、胚芽に含有される酵素の働きによってフィチン酸が分解されます。こうなることで体内でのミネラルの消化吸収率が、発芽前に比べて飛躍的に高まります。
 

ダイエットに玄米


 玄米は食物繊維が多く、おなかの中で膨らむので満腹感を生み出します。よってご飯を食べる量が減少します。また、玄米に含まれるガンマアミノ酪酸が脂肪を分解してくれます。

便秘改善にも玄米が効く


 繊維質が多いですから便秘改善にも効果が発揮されます。

玄米関連商品



 玄米そのものを主食として食べるだけではなく、最近では関連商品が星の数ほどあります。
 玄米そのものは、糠くさかったり、ご飯ばかりは食べられない、というデメリットがあります。
 これらのデメリットを解消し、玄米栄養素のよい部分を抽出したのがこれらのサプリメントなどの健康商品です。
        

近年マクロビオティックという考え方が認知されてきています。マクロビオティックとは、その土地で採れる旬の食材を食べる身土不二、一つのものを丸ごと食べる一物全体という考え方に基づき、本来の食生活を見直そうとする実践的哲学のことで、日本の禅宗の食事に由来するといわれています。

このマクロビオティックに玄米はぴったりの食材です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。