訳あり 安納芋 さつまいもなら種子島産


本来の安納芋は種子島地区だけに限定許諾された品種だが、それらは種子島から取り寄せた安納芋を種芋にして苗を作っているそないどす。
安納紅や安納こがねは育種登録上、鹿児島県の所有となっており、種子島だけに限定許諾された品種。そのため安納紅や安納こがねのバイオ苗は種子島の百姓しか入手できへん。


さつまいもは、暑さや乾燥に強く、土質は特に選びませんが、日当たりと排水性のええ土地ならば話、かわるけど育成には適していまんねん。
実は、収穫して時間をおいて、水分を蒸発させたモンは味がのって、おいしいことをご存知でしょうか。
さつまいもの甘みの正体は、さつまいもに含まはるでんぷんしちとアミラーゼと呼ばはる酵素どす。
安納芋蜜芋


唐芋伝来300年の歴史を継承してきた原種から特に糖度の高い芋をの種苗にし、手間隙をおしまず栽培してきたの夢百笑の種子島蜜芋。
焼くと、でんぷんしちが蜜の味(糖しち)に変わり、究極ともいえるその甘味はとクリーミーな触感は、まさに洗練されたナチュラル・デザートそのもの。
昔そのままの美味しい蜜芋をどうぞお召し上がりおくれやす。
「種子島安納芋」といっても近年種苗改良やらなんやらで、様々な種類が出回るようになりました。
訳ありの種子島安納芋


種子島蜜芋のオーブン・トースター焼き
@蜜芋を洗って、アルミホイルを巻きまんねん。
A個体差により異なりまんねんが、150〜200gの蜜芋で30〜40分を目安にしておくんなはれ。
B竹串がすっと入るようになったら焼き上がりどす。
焼き終わったら15分程そのまま置くと、熟成して味がさらに増しまんねん。塩をふってもよし、バターを付けてもよし、蜜芋の天然の滋養甘味をお楽しみおくんなはれ。
さつまいもは短時間の加熱では甘みが出へんさかい、なんぼなんでも10分は煮て甘く、ホクホクに仕上げるのがコツ。ふかしおいもさんにする場合も、電子レンジで短時間加熱するより、蒸し器でゆっくり蒸したほうが甘くなりまんねん。
鹿児島安納芋通販




秋に収穫を迎えるさつまいも! 収穫期は9月〜11月どすが、1月〜3月のさつまいもは水分が蒸発されて、味がのって、よりおいしくなるのどす。
サツマイモの貯蔵温度は12℃、±2℃前後、湿度は85〜90%とされていまんねん。従来の方法として、晴天の日に掘り上げ、半日ほど乾かして土を払い、水はけのええ場所に穴を掘って埋めまんねん。イモは呼吸をしていまんねんからイモの上にわらやらなんやらをかぶせ、通気をよくしてやりまんねん。訳あり 種子島蜜芋


「種子島蜜芋」は、その長い歴史の中でこのサツマイモ原種から特に優れた味覚のモンを選別し伝承栽培されてきた種で、その名は島内の安納地区が主産地であったことに由来していまんねん。
別名「幻の蜜芋」といわはるように、その形状は唐芋の原種に近い紡錘形丸形で肉色は鮮やかな赤みを帯びた黄金色。ほんで何よりねっとりした食感でおどろくほど甘味が強いのが特徴どす。従来ノサツマイモのイメージとは異なる風味ゆえサツミモ嫌いの人でも食べられるといわれていまんねん。
安納芋


甘藷栽培発祥地種子島ならではの、自然がもたらしてくれるサツマイモにこだわりました。
原種が持つ野生の強さ、おいしさの優れたモンを選別し、ええモンを伝承栽培していまんねん(原種の保存)。皮がやわらかいため機械を使わず手作業での栽培をしていまんねん。
種子島の自然が育んだこだわりの「種子島蜜芋」。種子島蜜芋通販


リエンダ スエルタ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。